BLOGROLL

2016/06/07

LCK解説、元プロゲーマーのCloudtemplarが語る「集団戦概論」

元CJ Entus Frostのジャングラーで、現在LCK解説として人気を得ているCloudtemplarイ・ヒョヌ氏。昔から「集団戦のFrost」と呼ばれたほど集団戦に関しては世界一だったCJ Entus Frostその中心には通称「電子頭脳」Cloudtemplarがいました、今は解説者としてLCKや色んなゲームバラエティーに出演していますが、その中でNaver Sportsで連載されているウェブラジオ「LCK Show」があります、今回はその中で公開された「集団戦基本理論」を翻訳してみました。基本中の基本なのですが、一度覚えておいたほうがいいと思います。




話者
C:元プロゲーマー現LCK解説「Cloudtemplar」イ・ヒョヌ氏
N:Naver「LCK Show」担当者
K:E-Sports専門記者「コ・ヨンジュン氏」

10秒から始まります。

C:どう言われても集団戦が僕の専門分野ではあります。
N:そうですね、今日また理論が公開されます?
C:僕の専攻ですから。元々昔からLOLの歴史を覗いても時代を風味したチームがあるじゃないですか。「集団戦のFrost」「運営のSamsung」「レーン戦のSKT」まあSKTはただただ「無敵」なんですけど(笑)。その中で「集団戦のFrost」。集団戦の核心は?と聞かれると普通「Madlife」と答える方もいるかもしれませんが。
K:NO NO NO
C:正直、僕じゃないですか。
N:wwww、自分を美化しすぎじゃありませんかねw
C:でも本当に僕は集団戦に関しては僕の専攻科目であって、いっぱい勉強もしてきたし
K:Woongが抜けてからは確かにCloudtemplarさんが全部担当しましたよね、集団戦では。
C:実際とても好きな分野なんです。
N:それで今回お話を聞かせてくれると。
C:それで集団戦を構成するのは本当にたくさんの段階があるんですが、さっき話したコミュニケーションは基本中の基本、必須科目ですね。コミュニケーションは無条件出来て、さらに何もいわなくてもお互いの事を知っている段階、互いのチャンピオンの動きを見るだけで分かる段階。
K:おおー
C:これを漢字にすれば「知音」といいます。
知音:「音を知る」という意味で自分の気持ちを気づいてくれる友人のこと。
K&N:おおおお
C:チャンピオンを見るだけで、この子の動きを見るだけでこの子が何をするかが分かる、そういうものができるんです。たくさん練習してたら。
N:なるほど
C:それをたくさんやってもダメな子は、本当にダメな子です。これは仕方のない事です。そしてもう一つのポイントがイニシエート、僕は集団戦でイニシエートが50%以上重要だと思います。うまくかかったイニシエートはダメな集団戦も勝たせます。ほとんどそうなります、そして本当にゴミのようなイニシエートを仕掛けるとどれだけ有利になっていてもThrowingになります。そしてイニシエートは結果が大事なのでとりあえず仕掛けて勝ったらいいイニシエートです。そこでまた色んな理論が派生されますが、そこで集団戦が開始されて次の段階は結局ターゲッティング。ターゲットコールがとても大事で、集団戦の一瞬一瞬で誰かメインコール、海外では「ショットコーリング(Shot Calling)」と言いますがそのターゲットコールをしっかり言って一人ずつやっつける。これが出来なかったら敵から見ればダメージ分散がうまくできたって事になりまして、これを一人ずつやっつけるのもとても大事です。そしてその前に、集団戦の前にいわゆる「見積もる」段階があります。パソコンの値段を見積もるように、Tabキーを押しながら見積もりを行います。普通チーム内のショットコーラーで、頭脳になる選手が担当しますTabキーで味方のレベル、敵と味方のアイテム状態、現時点でのレーン状況
N:誰を早くやっつけられるか?
C:そしてオブジェクト(ドラゴンやバロン)が湧くにはどのくらい時間があるか、こういったものを全部チェックして、見積もりを出して「今が集団戦のタイミングだ」と、こんな風に決定を出します。それがイニシエーターに伝えてイニシエーターが「了解した、僕が仕掛けられたら仕掛けてみる」そしてサブイニシエーターも準備して、マークスマンも準備して全員が心の準備をして集団戦を仕掛けるんです。


以上です。簡単に略して
1.集団戦の前にチームの頭脳が状況を把握し集団戦のタイミングを図る。
2.タイミングができたらイニシエーターが仕掛ける。
3.集団戦が始まると一人ずつしっかりとターゲットしてやっつける。
4.それができれば勝利、それが出来ず敵がダメージ分散をうまく行ったら負け。
5.一連の段階を完遂させるにはコミュニーケーションは必須であり基本中の基本である。
6.たくさん練習してチームメイトの考えが言われなくても分かるようになればチームとして完璧になれる、それがダメだったら本当にダメだ。

こんな感じですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿