BLOGROLL

2015/12/23

プロゲーマー平均年収250万?統計の誤謬と指摘



関連記事:韓国プロゲーマー平均年収「250万円」海外進出希望者「68%」
http://thiszerojp.blogspot.jp/2015/12/25062.html

先日マスコミに公開されたアンケート統計に対してイースポーツ関係者が遺憾を表しました。アンケートによると韓国プロゲーマーの平均年収は約250万円でそれに不満を持ち海外への進出を希望する選手が68%に達すると示されています。それを見た国内外のイースポーツファンたちは「何が宗主国だ、選手への支援はまだまだ先が遠い」「あれだから選手たちが韓国から離れて海外に行きたがってるだろう」とコメントがありました。



しかしイースポーツ関係者たちはそれを「典型的な統計の誤謬」と酷評しました。アンケート対象は51名に過ぎず、その中ではリーグオブレジェンド選手32名、スタークラフトII選手が14名、その他の選手5名が含まれています。その他に含まれているハースストーン、サドンアタック、スペシャルフォース等の種目は「プロ」と認めるにはまだゲーム団等のインプラが構築されていません。クランの形式で大会に出場する選手なのでゲームを本業にしていないので年給をもらう選手と認めるには無理があります。

韓国で活動しているリーグオブレジェンド選手が32名に過ぎないわけもなく、スタークラフトII選手も14名しか無いはずがありません。実際22日韓国Eスポーツ協会が実施した素養教育に参加したプロゲーマーの人数だけ数えても100名を超えています。

他スポーツで発表する統計も年収に関する部分は全数調査を行います。プロ野球の場合、球団が所属選手と契約した内容を韓国プロ野球協会に提出してこれを根拠にして統計を出すので範囲が全選手を含めます。プロサッカーも同じです。

韓国Eスポーツ協会の関係者は「51名の選手を対象として調査した統計が国内Eスポーツプロ選手たちの年収を代表する数値のように公開したのは明らかな誤謬である。しかも去年10月、協会は2015シーズンからリーグオブレジェンドの場合、最低年収200万円を保障すると発表したことがある」と続いて「近いうちに協会からまともな数値を公開する計画」と語りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿