BLOGROLL

2015/04/06

Cloudtemplarの「集団戦概論」#1 SKT vs KT

画像をクリックすると移動します。

Cloudtemplarの「集団戦概論」1話。始まります。今度分析する集団戦はSKT T1とKT Rolsterの集団戦です。動画は下のリンクまたは上の画像をクリックすると新しいタブへ移動します。動画の隣にこの記事を置いてタイムラインに合わせて御覧ください。もし動画に字幕などが入った場合は[*1]に表示してセリフの下に字幕を訳します。それでは始まります。

リンク
https://youtu.be/D_oDNksVZ-E

00:14 LOLを愛するファンの皆様、今までの集団戦、見辛かったでしょう。こんにちは集団戦専門家のCloudtemplarイ・ヒョヌです。集団戦がLOLの中で占めている分はとっても大きいと言えます。すべての戦況に一番大きな影響を与える分と、同時に我々の胸の中を熱くする分だと言えますけど、難しいです。本当に難しいですよ。見るものも多過ぎるし、アイテムも多様だしチャンピオンも沢山います。僕が一つ一つ要約して皆さんに教えられる有意義な時間を作りたいと思います。

00:44 この試合はSKTとKTの試合です。ゴールドも互角で正直アイテムの差もほぼ無いです。そして5:5の集団戦が起きてどちらが有利なのかちょっと曖昧な状況が続きます。最初はSKTのBengiが取られたけど、戦いが続くとどんどん微妙になります。きっと5:4のなのになんか微妙です。先に取ったのに何で負けるのか?そして同時にFakerのSuperplayによってSKTが圧勝する場面です。

01:17 まず構成のコンセプトとアイテム、成長度などを確認する必要があります。[*1]KT Rolsterの場合、機動性を活かしたイニシエイトに優れて相手をカットする構成です。見ればわかりますが、Main Tankerがいません。Lissandra, Lee sin, LeBlanc, Sivir, Luluまで。素早く相手のMain Dealerをカットするのがポイントだと言える構成です。
*1 : ◎機動性を活かしたイニシエイトに卓越。◎Main Tankerの不在

01:42 SKTの場合[*2]バランスがとてもいい構成だと言えます。先頭にMain Tanker Gnarを中心にして、後ろにSub Tanker Jarvan IV、そしてMain DealerのSyndra, Corki、そしてJannaの場合、Dealerを保護してバランスを取る役割。
*2:◎バランスの優れた守備的構成(Main Tanker, Sub Tanker, AP/AD Dealer, Support)

01:56 そしてKTのイニシエイトの塾を担当しているLissandraのアイテムを見ると、とりあえずいい成長度を見せています。4/0/5でZhonya's Hourglassまで積んでて、ダメージアイテムもちゃんと積んでいる状態です。そしてSKTの場合全員がバランスよく成長してますがSyndra、Fakerの成長が目立っています。Syndraが無難に攻撃を続けたらものすごい破壊力を見せる状況で、そしてKT Rolsterが考えます「俺達が一気に突っ込んで相手をカットできればいいのに・・・あれ?」[*3]下をよく見るとGnarがSplit Pushしています。
*3:BottomでSplit PushをしているGnar

02:35 「相手のMain TankerのGnarがいないな。ならばこの程度の距離、(線を描いて)今このくらいの対峙距離ならLissandra, SivirのOn the Hunt(R)でイニシエイトを仕掛けられるんじゃないかな?」こんな風に判断するんです。[*4]それでとりあえず相手のDealerさえカットしたら後でGnarがTeleportで来ても問題にならない。これがKTの判断です。
*4:Gnarが来る前にSKTのDealerをカットしようとするKT!

02:57 それで状況をちょっとだけ見てみましょう。イニシエイトを仕掛けようと判断したKTが一気に進入します。On the Huntを使って・・・(ポーズ)

03:06 この場面が重要です。一気に進入した瞬間、Bengiが素晴らしく止めます。[*5]どこで止めたのか、この戦いのど真ん中でCataclysm(R)を使って封鎖し、続いてJannaもMonsoon(R)を使います。Dealerの位置を見るとお分かりですが、FakerとBangがすごく安全な場所にいてその前でBengiが相手のDealerを縛る状況が発生します。Ssumdayが縛られるとLissandraというチャンピオンが一度縛られてスキルをJarvanIVに使ってしまうともう後ろのSyndraやCorkiに届かない状況になるのでこれはBengiが相手の動きをよく止めたと見ればいいと思います。そして同時にGnarが下にTeleportして飛んでくる場面が見えます。次の状況も見てみましょう。
*5:KTの突進を見事に受け止めるBengiのJarvan IV

03:52 Bengiが突っ込んでくるから仕方なくBengiを集中攻撃してSsumdayが入ってきますがすでに味方のDealerは応じることが出来ない状況そして下の方を見ましょう(ポーズ)。Ssumdayが一人でFlash inしてSKTのDealerに攻撃を仕掛けていますが下の方ではMarinがTeleportで飛んできてポジション自体がKTのDealerを縛り付ける状況です。Lissandraが進入した時LeBlancとSivirもそれに応じるべきだったのに、[*6]すでにCataclysmでDamage Lossが発生して、Jannaのせいで突っ込むのも曖昧だし、続いてGnarがMega GnarでKTを縛ってくるから当然最初はJarvanIVをそしていまはGnarを攻撃することしか出来ない状況になります。
*6:Jarvan IVの邪魔によってちゃんと進入できなくなったKTのDealer。

04:34 しかし最初に話しましたけどSivirがLast Whisperを積んだわけでもないし、LeBlancもまだMRPenを積んだわけではないのでTankerを仕留めるには無理があります。(再生)Marinは簡単にやられない。[*7]簡単に殺したかったMarinが死なず、結局すべてを叩き込んだけど相手のMain DealerをカットできなかったKTは陣形を整えたSKTの反撃にやぶれてしまいます。特にその中で目立ったのはFakerのSuperplayでした。最初はKTがとてもいいスタートを切りましたが戦闘が長引いて両チームのコンセプトが入れ替えてSKTが勝利したと言えます。
*7:AR/MR Penetrationの不在でGnarを仕留めることが出来ないKT。

05:11 両チームのコンセプトを簡単に要約するとKTは入り込んでカットする構成、SKTは守れば勝つ構成で、その守りの構成の中で一番輝いたのは僕はBengiだったと思います。[*8] 実に素早く仕掛けたKTの反撃を完璧に封じたのはBengiだったので今回の集団戦のMVPはBengiに与えたいです。
*8:Bengiの活躍によって集団戦で勝利できたSKT

05:34 そして皆さん、この他にも皆さんが気になってたところ、[*9]なるべく集団戦に関することならいいでしょうね?動画のコメントに書き込んでくださったら僕に答えられる部分は答えるように努力します。それではこれで集団戦概論1話を終わりにして2話でお会いしましょう。お疲れ様でした。
*9 : もっと多くの集団戦動画をご覧頂きたい方は「T LOL」を検索してください。

1話は以上です。正直Summer Lessonの要約とは違ってセリフ全体を訳して記事にするのは初めてなのでちゃんと役に立てるのかはわかりませんが作業自体は楽しかったので多分出来る限り続けたいと思っています。これからもよろしくお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿