BLOGROLL

2015/01/27

LCK Report - Week 3


だんだん盛り上がっているSBENU 2015 LOL Champions Spring Koreaの3週目試合が終わりました。それでは簡単にまとめて整理してみます。

Day 1. KT(1) vs (2)CJ

1セット目はOPと呼ばれるGnarとRek'saiがBanされずKTがPick、更にAzirまでKTが持って行くことになってPickの段階ではKTが完全に有利だったがその割にはかなり苦労して勝利。2,3セットはあっけなくCJの勝利で終わりました。最近韓国サーバーRanked1位を取ったCJのMid Laner CocoとCJの元年メンバーSpaceの活躍が輝いた試合でした。そしてKTはこれから厳しい大会になりそうな試合でした。

Flash > Q > E


Day 2. #1. IM(0) vs (2)SKT

奇跡はなかった。この一言で説明できる試合でした。CJに完敗されたSKTでしたが次の試合でKTに完勝し雰囲気を取り戻したSKT。Samsungに勝ってやっと1勝を取ったIM。両方とも雰囲気はよかったのですが試合内容はSKTの2Mid LanerのMVP争いで終わりました。今シーズン初のCassiopeiaを見せたEasyhoonとCJが使った2ADC戦略を活用したFakerのEzrealが各セットで大活躍してSKTの楽勝でした。


「インタビューしたかったです」二十歳になった先輩にも春が来ました。


Day 2. #2. Jinair(2) vs (0)Najin

成長する弱チームと停滞した強チームの対決。1セットは今シーズン最長試合を記録しましたが終了手前までKill Scoreが3:1だった喧嘩無しの我慢比べでした。しかしBaronとDragonをちゃんと狩ったJinairが1回だけの集団戦で勝利し、そのまま1セットを勝ち、2セットは序盤からGgoongのKassadinを集中攻撃してリードしましたが、追い詰められたNajinがCCの連携でなんとかJinairを全滅させNexus Towerまで壊せるところまで前進したんですが不運とミスが重なってOhqが死亡、そのままJinairの勝利で試合が終了。LCKの順位は混乱の幕を開きました。

もう誰にも止められない!


Day 3 #1. CJ(0) vs (2)GE

3連勝vs3連勝。真の最強は誰なのかを決める対決。同じ3連勝でもGEは弱チームと言われたIM, Samsungが含まれて、CJは逆に強チームと言われたSKT, Najinが含まれていたので、少しは最近いい調子してるCJが有利と予想されましたが、GEはCJの攻略法を完全に見極めた模様、Shyが今までいい活躍ぶりを見せたLuluとMundoをBanして、ShyのPickを制限し、ゲーム内でもShyを集中攻略して彼を無力化し1セットを取ります。2セットもLuluとMundoをBanされたCJは仕方なくJ4, Orianna, Rumbleと言う、一気にぶつかる集団戦では最強の構成を組みますが、GEはKassadin, Lee sin, LeBlancにEzrealで機動性最高の構成を組み、更にJannaを選んで絶対Initiateされない組み合わせを見せました。集団戦に入れば強いCJですが、集団戦を仕掛けるとGEあh優れた機動性でそれを避けながらCJを蹂躙していき、2セットもGEがCJを圧倒し勝利を取りました。CJは今までの勝利で隠された弱点、Shyの狭いChampion Poolが表に出てしまい、それをどうやって克服できるかが1位への課題となりました。

MundoとLuluを封じられたShy。弱点がモロに出た瞬間


Day 3 #2. Samsung(0) vs (2)KT

3連敗vs3連敗。こう見えても2014Summer決勝戦のリベンジマッチ、チームの中心だったメンバーが海外に行かれたKT、メンバー全員を中国に送ったSamsung。あるチームは残ったメンバーで何とか作りなおして、あるチームはメンバーを最初から組み立てる中、両チーム共に状況は最悪でしたが、もっと最悪だったのはSamsungでした。相変わらずFizz, Morganaを封じられて更にAzirまでBanされたBlissは最近練習してたLuluを選びますがまだ慣れていないようで、Topも無難に敗北、BotのWraith, Furyが奮戦しますが、TopとMidから広がれた差を縮めることは出来ませんでした。2セットは更に最悪です。KTがMorganaをBanしなかったんですが、SamsungがそれをPickせず、KTにMorganaを渡してしまいます。試合は最初のFirst Bloodを除いたら完全にKTのもので、SamsungはまるでSolo Rankedをプレイするようコミュニケーションを全く取らないように見えました。解説のCloudtemplarはSamsungに「基本からやり直すべき」と彼らしくない厳しく批判しました。

何とか最下位は避けたKT、史上最悪のSamsung。

ここで1ラウンドの前半が過ぎました。下の方は少しずつ見えてきましたが上の方は未だに混乱しています。残った3週間。1ラウンドの後半はどう流れていくのか楽しみであります。


LCK Week 3 Result

GE Tigers:4勝(+7)
SK Telecom T1 : 3勝1敗(+3)
CJ Entus:3勝1敗(+2)
Jinair Greenwings:2勝1敗(+2)
Incredible Miracle:1勝2敗(-2)
Najin e-Mfire:1勝3敗(-2)
KT Rolster:1勝3敗(-3)
Samsung:4敗(-7)

0 件のコメント:

コメントを投稿