BLOGROLL

2015/01/19

LCK Report - Week 2


だんだん盛り上がっているSBENU 2015 LOL Champions Spring Koreaの2週目試合が終わりました。それでは簡単にまとめて整理してみます。

Day 1. GE(2) vs (0)Samsung

新兵器を用意したがちゃんと使う前に終わってしまった試合。Syndra Supportに続いてSejuani Supportを出したSamsung。実際Sejuani本人は自分の役目は果たしていましたが心理戦として仕掛けたBlissのMid Syndraが何も役にも立たないまま再び自分の弱点である「狭いChamp Pool」を克服出来ずに敗北しました。2セットはRek'SaiとLuluと言う機動性に優れたSplit構成を用意してRumble-J4-Lissandra-Corkiと言う火力が強い構成を相手に正面でぶつかり合う選択をしてTeam Fightごと負け続けてGEが無難に2:0勝利をいただきました。

サポートは悪くなかったと思うけどね・・・。


Day 2. #1. KT(0) vs (2)SKT

ライバルマッチその1。Day 2は2試合全部有名なライバルマッチの連続でした。最初はKT vs SKT、Starcraft:Brood Warの頃から10年以上続いてきたライバルマッチであります。日本と言ったらドコモvsAUッて感じで「通信会社ダービー」と呼ばれています。 1セットはSKTの二人目のSupport PiccabooのLCK初陣でした、序盤はKTがSup&JgのRoamでリードしましたがSupportの無理なRoamingが結局足を引っ張る事になって逆転負け、2セットも序盤からFakerをボロボロにさせるため叩き続きましたが中盤Fakerは自力で復帰し、再び名場面を残して勝利を頂きます。SKTはCJからの不意打ちから少し立ち直った感じで、KTは連敗の泥沼に陥ってしまいました。

これが先輩の人気の秘密!


Day 2. #2 CJ(2) vs (1)Najin

ライバルマッチその2。SKTとKTがSC:BWからのライバルとしたらCJとNajinはLeague of Legendsが韓国でサービスを開始する前から活動していたMiGとEDG(Extreme Dive Gamingです現在中国にいるEDGとは全然違うチームです)から続いたLOLでは一番歴史の長いライバル関係であります。1セットはSpaceのCarry。Top Laneで両チームが膠着状態になっている間Spaceは一人でInhibitorまで破壊し、その隙にNajinがTeam Fightを仕掛け4人を全滅させBaronを狩ろうとするのを一人で妨害してTripple Killまで取ります、最後はLulu, Janna, OriannaのShieldをもらって先頭にたってそのまま勝利を取ります、2セットは逆にSpaceのKalistaが無理しすぎてNajinの勝利になります。最後の3セットはDragon Stackを貯めたCJが最終的には勝利したんですが、Najinも黙って負けては無く、Dragon 5Stack Buffを3回、Baron Buffも3回取るまで試合を引き続いてライバルマッチという名にふさわしい試合をファンに見せてくれました。

デビュー以来最高の活躍を見せてくれたSpace


Day 3. #1 Samsung(0) vs (2)IM

冷静に言って「ビリ決定戦」とも言える試合です。特にIMはPre-Seasonから一度も勝利を取ったことが無いし、Samsungもまた、全メンバーが変更された新生チームとしてPre-Seasonでは中々の成績を見せたものの、正規シーズンではその覇気はどこにも見えなくなってしまったので、両チーム共に勝利への切実さの対決とも言えます。そしてその結果、IMの切実さがすこし大きかったと言う結末になりました。1世代ゲーマーで未だに活動しているLilacのMaokaiがチームのたくましいTankerになり成長したSivirを守りながらTeam Fightを次々と勝利して1セットを頂き、2セットはSamsungの戦術的問題、「不利になったらとりあえずBushで待ち伏せして敵一人を取る」作戦が完全に見切られてしまいSamsungの後からの道が厳しいということを予告しました。

「これからSamsungが何をすると思います?」 「待ち伏せすると思います」


Day 3. #2 GE(2) vs (1)Jinair

今大会のダークホースを決める対決。1セットはJinairのCheiのAnnie SupportがInitiatorとして大活躍し、Jinairが欲しい場所、欲しい時間でTeam Fightを仕掛けて勝利を掴みました。しかし2セットはPrayが最近はあまり使われてないKog'MawがゲームをCarryしてGEが勝利、試合は3セットまで続きます。最終戦にJinairは以前Samsungを相手する時使ったDash構成をLulu, Rengar, Sivirを取りながら明らかに意図をGEに見せつけてました。しかしそれを把握したGEはそれを完全にカウンターするためのMaokai, Morganaと突っ込んでくる敵1体を閉じ込めるJ4、強力な機動力で突っ込むのも逃げるのも可能なLeBlancをPickしてJinairの意図を完全に防ぎました。

結局JinairのDash構成は世界樹を貫くことが出来ませんでした。

少しずつ順位が見えてくるようですがまだ波乱は終わってません。
来週もまたLCKは盛り上がるでしょう!

LCK Week 2 Result

GE Tigers:3勝(+5)
CJ Entus:2勝(+3)
SK Telecom T1 : 2勝1敗(+1)
Jinair Greenwings:1勝1敗(0)
Incredible Miracle:1勝1敗(0)
Najin e-Mfire:1勝2敗(0)
KT Rolster:2敗(-4)
Samsung:3敗(-5)

0 件のコメント:

コメントを投稿