BLOGROLL

2014/03/17

ahq Korea事件に関してKeSPA事務局の真相調査結果発表。



原文:(구) ahq Korea 사건 관련 KeSPA 사무국 진상 조사 결과 발표

Game 4 Brokeの関連記事(日本語):元ahq Koreaの選手が八百長について告白

Game 4 Brokeの関連記事(日本語):旧ahq Korea事件についてKeSPA事務局が調査結果を発表
http://game4broke.blogspot.jp/2014/03/ahq-koreakespa.html

KeSPA事務局(事務局長チョマンス)17()AHQ Korea連する一連の事件について事務局からの調査結果を表いたします。

KeSPA事務局は対応チームを構成して事件が生した13()から14()15()に至るまで所選手のクォンジミン(Icebear, Casper)、キムナムン(Hoon)、ヨチャンドン(Trace)、ヨンヒョンモ(Actscene)(以下C選手、H選手、T選手、A選手)回召喚して陳述を受けて事確認をしました。

ともに、Ongamenetから全ての試合映像と試合中の音声録音ファイルの分析容などを提出してもらったKeSPA事務局と競技委員(委員長イジェギュン)は選手を含めた門家と一に試合容を綿密に分析して、該選手の陳述と試合況があってるのか確認しました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以下KeSPA相調査結果資料原文。

1. KeSPA事務局はAHQ Koreaチョン○○(以下P選手)が投稿した'ahq korea 승부조작 자백합니다(ahq korea 八百長自白します)'という題目の記事にして調査を進めて、P選手の陳述の殆どが事と言うことを明したが、P選手の陳述と他のメンバーたちの陳述の間に幾つか異なる点もあるということを明かした(2.へ詳細容を記述します)

1-1. 上の容以外の事の殆どはP選手の主張と一致するということを同チーム所だったC選手、H選手、T選手、A選手から確認しており、20133月から行われていた2013 League of Legends Champions Spring Season時起こった事件の要は以下と同じである。
*試合順序:KT B > CJ Frost > Najin Shield > IM

A)AHQ Korea監督ノ○○(以下ノ氏)は本選進出が確定されたあと、AHQ Koreaのメンバー全員が集まった席で以下のようにではないことを話した。
 - Ongamenetは慣例的に大加する大企業チームに報費用をもらっている。
 - しかし、我のスポンサーは台企業であるため、台に話してみたが理解をもらえず、そこは支援出ないという返事をもらった。
 - Ongamenetにそうえると、費用をえないなら八百長(故意負け)をしろと言われた。

B)ノ氏はこうしてチームメンバーたちに話して、信じない雰囲気になってから、P選手とA選手を別途に呼び出して'KT BCJ Frostで全試合First Bloodを取られて全試合敗北を成功させすとOngamenetが我にお金を支給すると言った'と話して'協調してくれたらそのお金を君たち二人に分けてあげる'と提案、これにじてP選手とA選手は'する'と答えた。

C)しかし、1.で前述したとおりA選手は質的で試合では故意的行動をしていない。初試合だったKT B1セットで勝利した直後ノ氏は場の外にP選手とA選手を呼び出して'よくやった、こうなったらKT(故意負けの事考えずに)好きにしろ'と言った。2セットはFirst Bloodのあと、試合で離れた 差及び選手の器量の差によって負けたとP選手の他4人が同じく陳述した。
→試合結果:KT B 1セット勝利、2セット敗北。

D)次の試合のCJ Frostを前にしてノ氏とP選手、A選手を呼び出して、'お前ら二人のせいで我チーム全員が被害を受けるはずだ'と言いながら'今回の試合に勝ったらメンバー全員が以後のOngamenetに出場できなくなるから無件負けないといけない'と怒ったで脅迫した、これにじてP選手とA選手は'わかった'と答えた。しかし、A選手は試合では全力をくした。他のメンバーであるC選手、H選手、T選手もこのことに同意して"ノ氏がいつも怒ってたから試合をしながらめたプレイをしてしまった"と陳述、それによって故意性はないと判した。
→試合結果:CJ Frost 1セット敗北、2セット敗北

E)SKTに入る前に結果をどう思う?と質問するノ氏に、メンバーたちは2勝で勝てると自信満々に話した。しかしSKT11で終わったあとノ氏はメンバーたちを呼び出して激怒した。

F) Najinを前にしたノ氏はチームメンバー全員を呼び出して故意負けするように話した。"今度は確にしよう"と言いながら"賭博で稼いだ金を皆に分けてあげる"と最後に提案した。金額はKRW200万を提示。メンバー全員に向かって故意負けを話したのはNajinが唯一。しかしこれにじてメンバー全員は固として拒絶

G)これによってNajinを終えたあと、宿所にるとパソコンなどのくなっていた。以後IM各選手たちが自力した。

2. 1事件とは別個で、P選手と他のメンバーの間の陳述が異なる部分は以下と同じである。該当内容には事確認が完了されて、この部分はP選手の陳述が間違っていると判した。
(ここは僕の裁量によって原文と文を一に載せます)

原文
① ‘결론부터 말하면 실제로 승부조작에 가담한 건 저랑 엑토신(연형모) 뿐 다른 팀원들은 다 끝나고 알았습니다.
② ‘저랑 엑토는 그걸 믿었고 실행에 옮기기로 했습니다’
③ ‘KTB 1-2경기 CJF 1-2경기 선취점 내주고 져주기였습니다. KTB/CJF 4경기 살펴보시면 모두 선취점을 내준 것을 확인할 수 있습니다…’

'結論から言うと八百長に加したのは僕とA選手だけで他のメンバーは全部終わったあとで知りました'
② ‘僕とA選手はそれを信じて行しようと居ました。
③ ‘KTB1-2セット CJF1-2セット First Blood取られてて負けることでした。KTB/CJF 4試合をると全部First Bloodを取られたことを確認できます・・・'
→上記した内容が事実と異なっており、他の陳述はP選手の健康状態によって調査できず。

A)まずの内容に関してKeSPA競技委員会とOngamenetKT B vs AHQ KoreaCJ Frost vs AHQ Koreaの試合内容を分析した結果、P選手の主張と異なっていることを確認。KT B1,2セットとCJ Frost1,2セットの4試合の中でAHQ KoreaFirst Bloodを獲得したこともあってFirst Bloodを取る過程で関わらないこともある。
- KT B1セット:A選手の介入無しでFirst Blood発生。First BloodBottom LaneC選手のSonaVolibearGankされて発生したので関係なし。
- KT B2セット:正常的なInvadeによってFirst Blood発生、AHQ KoreaFirst Bloodを取らせたがKT Bのいい対応から生み出した状況を認め、故意性が見えないと判断。
- CJ Frost1セット:4分頃First Bloodを取るためA選手のAmumuGankを仕掛けるがH選手のKatarinaとのダメージ量が足りなくてFirst Blood獲得失敗、しかし間一髪の差でFirst Bloodを逃したので故意性が見えないと判断。共に、AmumuFirst Bloodを取らせたがKarthusGlobal Ultimate SkillによるFirst Bloodであるため、Flashを使っても避けられない状況だったので故意性が見えないと判断。
- CJ Frost2セット:A選手のJarvan IVGankingによってFirst Bloodを獲得
→上記した調査結果によって、KeSPA競技委員会とOngamenetは該当4試合に関して故意で八百長を仕掛けようとした根拠が足りないと判断する。

B) の場合、部分的には事実であり、部分的には異なっている。まずで話したとおりA選手はその事実を信じて試合内で故意負けをすると事前同意したことは事実である。しかしの結果のように八百長に実際的加担はしていない。
→この事実はA選手の陳述とA)の内容を基に証明できる。

3.前述した内容は全て事実であり、健康上の理由でインタビューをしていないP選手以外、クォンジミン(Icebear, Casper)、キムナムン(Hoon)、ヨチャンドン(Trace)、ヨンヒョンモ(Actscene)は全員数回の陳述を終えて事実確認をもらっている。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

KeSPA事務局と競技委員会は上の事実確認のように4日間関係者及び関係機関に提出してもらった陳述と関連資料を根拠に綿密分析して故意負け疑惑に関する蓋然性を調査していたが、試合内容を観るとP選手を除外した選手たちが故意負けに加担したと見られない点を認め、特にヨンヒョンモ(Actscene)の場合もまた試合内で故意的状況がなかったことを基にして該当疑惑に関して事実がないと結論を出したのでこれを発表いたします。またP選手の場合、回復後充分な時間をおいて話をすることにしました。

4日間の非常体制の中で検察告発及び関連調査の実務を担当したチョ・マンス事務局長は"試合内容だけじゃなく当時の音声チャット分析内容からも八百長に関する嫌疑を見つけなかった、今まで確認された事実では八百長疑惑が無いということを明らかにしたい。あと、KeSPA事務局はKeSPAに所属していないすべてのE-Sports選手に対しても現在の生活に関する実態を調査し、改善すべき部分について種目社と共に補完策を作っていきます"と話しました。


0 件のコメント:

コメントを投稿