BLOGROLL

2013/08/24

LOL Summer Lesson #6「Order理論」 要約

「画像をクリックすると動画へ移動します(Youtube)」

この記事は毎週水曜日に放送される「LOL Summer Lesson」の内容を
日本語で要約する記事で、できるだけ早く投稿したいんですが。
仕事とかがありましてなかなか時間が取れません。
ですが、遅れても放送された週の土曜日まで投稿するのが目標です。

これから7週間、よろしくお願いします

「LOL Summer Lesson」の日程表ははここをクリックすると見られます。

LOL Summer Lessonの6回目の主題は「Order」です。

今回の放送ではLOLの経験が豊富な一世代プロゲーマー
「MakNooN」と「Reapered」が出演して、

ゲーム内の運営とOrderingのコツを色々と教えてくれますので、これからご紹介いたします。


本日の主題:Ordering

#0、序論

一世代プロゲーマーとして最近の有望な新人たちをどう思う?

Reapered
「最近、徹夜しながら練習する時間が増えていく特に殆どの一世代プロは
みんな同じことで悩んでいる」

Kim Dong-jun
「悩みの相談は誰としている?」

Reapered
CLOUDTEMPLARとしています」

MakNooN
「Fakerみたいな恐ろしい新人たちを見ているとやはり緊張する、もっと努力すべきだと思う」

チームのOrderを勤めるようになった理由は?

MakNooN
「船子が多すぎると船が山へ向かうんでしょう?(韓国の諺です)
LOLでは深海へ向かうかもしれないし(韓国ではELOが低いどころを深海だと呼んでいます)
だから経験値が一番高いメンバーがOrderをすべきだと思っている
僕が経験も多いし、排泄もしてきたし(Feedingをしすぎた人をそう呼んでいます)
とにかく豊富な経験を持っている僕がOrderを勤めています」

Reapered
「僕は昔からやりたがっていたからいつの間にかOrderを勤めるようになっていた
チームメンバーたちと交代しながらやってたけど僕が勤めるときの勝率が高かったので
僕が勤めることになりました」

Orderは意外と簡単?

Reapered
「(MakNooNへ)お前のOrderって”Cut!”しかないじゃん」
(群から外れた敵を襲って殺すのを意味します)

MakNooN
「それが大事だろ? ”Cut? Cut! Cut.”3節だけど1節1節の意味が違う」
Cut? - Cutする?
Cut! - Cutしよう!
Cut. - Cutしに行こう。

Reapered
「Orderって簡単だな」

MakNooN
「簡単だよ、言葉が多い必要がない」

#1、LOLでOrderとは?

Kim Dong-jun
「効率的Orderingはどうすればいい?」

MakNooN
「個人の意見をまとめてゲーム全般を調律することができる人」

Orderって皆がやる?一人がやる?

MakNooN
「一人でMap全体を把握するのはすごく難しいから皆が情報を与える
例えば敵MidがFlashを使ったとかTopが排泄・・・じゃなくて苦戦しているとか
とにかく色んな情報を提供して最後にMain Orderが何をするかを決める
これがBestだと思う」

Reapered
「僕のチームも同じです。Summoner Spell, Ward, Buff, Dragonなど
色んな情報をメンバーからもらってそれをまとめて全体状況を把握して
あと何をするかを決めて遂行する」

OrderはどのPositionが勤める?

MakNooN
「序盤はJungle。レーンに比べて暇だし」

Reapered
「!?」

MakNooN
「中半からはMidやSupportが勤める方がいいと思う
MidはあちこちRoamingするし、SupportもOracle飲んでMap Controlするから」

Reapered
「なんか誤解してるようだけどJungleは暇じゃない。Counter Jungleが本当に厳しいし
Lv1で有利な編成だと必ず3Buff Controlをしにくる。バフ2つとって始める試合は殆どない」
(相手がBuff Monsterを叩いてる隙を狙ってバフを奪うのを 3 Buff Controlと呼びます)

MakNooN
「じゃあ、訂正します。序盤OrderをJunglerが勤めるには
相手Junglerがみたいなやつだと勤めましょう」
(CloudtemplarのNicknameでもあります)

Kim Dong-jun
「て、なんでやねん!」

MakNooN
「(Reaperedへ)何で僕にツッコミを入れるんだいこのGangplank Jungleが!
そんなのやってるからCounterされるんだろうが!Lee sinとかやってみろ!
だれがCounterするか!」

Reapered
「・・・」

Kim Dong-jun
「Reaperedは誰が勤めるのがいいと思う?」

Reapered
Mid&Jungle

MakNooN
僕と一緒じゃん!

Reapered
「一緒だけど、Jungleについて誤解してるようだからツッコミ入れただけだよ
むしろTopが余裕あんだろ?」

MakNooN
「何言ってんだ、Topは他見てると敵に腹刺されるわ!」

Order Missして不利になったら?

Reapered
「できるだけダメージが小さいどころを中心として運営する
自分のOrderが間違ったときには間違いを認めてこのあとでも
メンバーが自分のOrderに従えるほどのカリスマを持つ必要がある」

MakNooN
「自分のミスで不利になったらまず皆をなだめる必要がある
できるだけ前向きに考えて4人を自分の子供だと思おう」


#2、序盤

Ban&Pick

MakNooN
「Ban&Pickさえ上手くやれば勝率が50%ぐらいは上がると思う
BLUE Teamの場合 OP Championを取りやすい
Purple Teamの場合 相手の編成を全部確認して最後にCounterすることができる

Reapered
「Blue TeamはOP Champを中心とした運営を
Purple TeamはOP Champを防ぐか自分の切り札を残して運営しよう
チーム内でPositionとかMain Champなどを共有してそれに合わせるのが一番だ

Counter Pick

MakNooN
「最近Zac, Shenがよく使われている。
ShenはVladimirでZacは案外FizzでCounterできる」

Reapered
「相手がLee sinやEliseを取ったら絶対草食系(Amumuなど)をPickしないで欲しい
本人が気づかないうちにレーンが破壊される

Invade

MakNooN
敵味方のSummoner SpellとCCスキルの数を把握しよう
もし相手がShen, TF, AlistarだとInvadeするな絶対負ける」

Kim Dong-jun
「じゃあ、Invadeに有利なChampは?」

Reapered
Thresh, Blitzcrank。あいつらは始まってから”Do Invade”と言ってる」

Kim Dong-jun
「もし失敗したらダメージが大きいよな」

Reapered
「それは仕方ないと思います。ハイリスク・ハイリターンな戦略なので」


#3、中半、後半

Snowball効果

Reapered
「小さな雪だまを転がして大きくする。小さな利益を大きく留守ことを意味する
たとえば序盤Midが敵のMidをSolo Killする>レーンをPushしてRecall>2レベル差ができる
そしたらLV6でSolo Killをもう一回できる

MakNooN
「MidがSolo Killする>BotにRoaming>BotでDouble Kill>DragonまでGet!」

Team Fight Order

MakNooN
「Team Fightで一番重要なのはFocusing(誰を狙うか)だと思う」

Kim Dong-jun
「じゃあ、誰を狙うのがいいのか?」

MakNooN
「Team Fightで一番重要なのはADC、敵ADCが味方より強いなら敵ADCを狙おう
逆に味方のADCが強いなら味方のADCに近づくやつから狙うのがいいと思う」

Reapered
「ADCだけじゃなくMidも大事だ。Midがすごく強いならADCを見捨てても構わない」

Kim Dong-jun
「Team Fight後タレットとドラゴンどれを取るか?」

Reapered
「両方を取ればBestだけど両方を取ってRecallしたらその間にBaronが取られそうだ
それだとタレットのみをレーン状況が悪すぎてタレットを壊せないと思ったらドラゴンを取りましょう
優先度はBaron>Turret>Dragonです」

MakNooN
「DragonよりTurretが重要だと思う。しかもMid Turretを取られたら
視野まで遮断される可能性があるから、ドラゴンよりタレットを優先しよう」

Dragon Timing

Reapered
1.相手JunglerがTopにいるとき
2.味方Midが強くて相手のMidが青バフをとっていないとき
3.味方Topが勝ってBotに来たときなどがいいと思う」

MakNooN
「3の場合、逆にボロ負けして非難したこともある。そのときにも取ってあげる方がいい
ドラゴン狩りは先に始めたほうが不利、ドラゴンが意外と痛いし逆襲されたら
全滅の可能性もある10人そろってる時には先に仕掛けるより相手が仕掛けるのを待とう」

Do Baron

Reapered
「マジ有利なとき、視野まで完璧に掌握してから取りましょう
Baron前の交戦で負けたらダメージが大きすぎる」

Kim Dong-jun
「Baronが取れる平均LVは?」

MakNooN
「Championによって違うと思う。例えばTop Elise+Mid KarthusだとLv13でも出来ると思うが
Mid Lux+Top Olaf(Lantern持ち)だとちょっと・・・」

Reapered
「Lanternはいけるかも知れんな」

MakNooN
全然そんなことない
(MakNooNはChampionsでTop Lantern Olafでボロ負けした黒歴史があります)

MakNooN
「とにかくその構成だとBaronをとるより視野を掌握して向かってくる敵を取りましょう」

Kim Dong-jun
「不利な時に逆転を狙ったBaron Orderは」

MakNooN
「相手の視線を分散させる、BotへSplit Pushをするとか
またはChatで喧嘩を売って混乱させたりするのも出来る


#4、一発逆転

Kim Dong-jun
「不利な時に逆転を狙うOrderは」

MakNooN
「Baron Tryとか釣りなどがいい元プロのW選手が・・・」

Kim Dong-jun
「名前言ってもいいだろ?誰のこと?」

MakNooN
Woongが逆Initiateが上手い普通プロたちはADCを狙っているが
彼は自分から的に入って(わざとなのかは知らないが)逆にInitiateを仕掛ける」

Reapered
「逆転の基本条件は”相手の運営にハマらないこと”である。
味方たちと合流して相手に攻撃を仕掛けてみるのもよい方法だと思う
釣りは視野も把握して敵の動きを予測するプレイだから深い経験が必要だ
まずはObjectを利用しよう。例えば敵がタレットを叩いてるとき
自分のCSを逃しても敵に奇襲をしかけてキルを取るのがいいと思う
自分は損してもチームが得になれば勝利につながるものだから」

Kim Dong-jun
「味方は序盤に有利な構成、敵は後半に有利になる構成で
もし序半で不利になったらどうする?」

MakNooN
「信じがたいけどもしそうなったらまずSurrenderを考えて・・・。
すこしの希望が残ったら相手の青バフや赤バフの1ヵ所を狙ってそこの視野を掌握
そこをBaseとして敵を一人ずつCutする運営で勝負を挑む、それが一番だと思う
後半に有利なChampは機動性がよくないからそれを狙いましょう」

Kim Dong-jun
「逆に味方が後半構成で敵が序盤構成のとき
完全に抑えられたらどうする?」

Reapered
「まず基点をひとつ決めてそれ以外奪われるのに未練を捨てること
Mid Inner Turretが壊れたらBaseから出られなくなるからそこを基点として
敵がそこを叩いてくるとき、敵が思ってもない隙間を狙って
奇襲を仕掛けて逆転の足場を作る
Zacの”トゥルットパラパラ~”とか」

Kim Dong-jun
トゥルットパラパラがどんな意味か知ってる?」
(”Let's Bounce!”使うときの台詞です)

Reapered
「?」

Kim Dong-jun
「”両目ちゃんとあけてろ~(ドゥヌントッパロトラ~)”だって」

Reapered
「へ?」

(これは韓国声優のネタなので日本語で表現するのがちょっと難しかったですすみません)

ここを聞いてください> http://youtu.be/UIph5mF2gx4?t=21m40s

今回はここまでです。

先週までは実戦がありましたけど今回は理論だけでしたが

どうやら次回でMakNooNとReaperedのOrder勝負が行われるらしいです。

それをお楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿