BLOGROLL

2013/08/17

LOL Summer Lesson #5「Support」 要約

「画像をクリックすると動画へ移動します(Youtube)」

この記事は毎週水曜日に放送される「LOL Summer Lesson」の内容を
日本語で要約する記事で、できるだけ早く投稿したいんですが。
仕事とかがありましてなかなか時間が取れません。
ですが、遅れても放送された週の土曜日まで投稿するのが目標です。

これから7週間、よろしくお願いします

「LOL Summer Lesson」の日程表ははここをクリックすると見られます。

LOL Summer Lessonの5回目の主題は「Support」です。

今回の放送では「GOD」CJ Frostの「Madlife」と
神に対抗する新たなる強者、MVP Ozoneの「Mata」が出演して

Supportのコツを色々と教えてくれますので、これからご紹介いたします。

本日の主題:LOLでSupportは?

#0、序論

お互いのプレイスタイルをどう思う?

Madlife
「身を惜しまずにInitiatingする。Team Fightに勝つために犠牲するのを退かない」

Mata
「真似できない。ものすごい練習量を感じるプレイ」

LOLで「Support」は?

Madlife
。実は

Mata
「僕の場合は継母で」


Supportの役割

Madlife
「ゲーム全体をスケッチする存在。カラーは他のメンバーに任せる」

Mata
「言葉通り、サポート。ADCだけじゃなくチーム全体を導いてくれる存在」

普通Supportは人気がない。

Mata
面倒くさい、あとつまらない(ストレート!)と思う人が多いけど
放送でどんどん目立ってくるから最近は結構選ばれるようになっている」

犠牲を強いられている。

Madlife
「僕の場合・・・」

Kim Dong-jun(Champions解説)
「Locodocoとの思い出?」

Madlife
全部忘れました。それよりSpaceが・・・(溜息)」

Kim Dong-jun
「?」

Madlife
「SpaceはTwitchとEzrealが好きだからよく使っている。
レーン戦で勝っていると必ず敵のJunglerが来るでしょう?
だからSpaceにそろそろ退こうと言うけどあいつは
”勝ちそうだから行きましょう”と言うから僕もついていく
そしてJunglerがくると自分だけ逃げる(TwitchのQとか)」

Kim Dong-jun
「Impは?」

Mata
そっくりですJungler来そうだから退こうと言ってももっと攻撃しようとしてやられる」

#1、Support Championのタイプと特徴

攻撃型 - 強力なCCスキルを持つChampion. Melee攻撃 Alistar, Leonaなど
守備型 - Healと広範囲スキルを持つChampion. Range攻撃 Sona, Soraka, Jannaなど
完全無欠型 - Thresh, Nami

Madlife
Threshは至急Nerfが必要です

Mata
「Namiは昔Caitlyn, Kog'maw以外にはいまいちだと思っていたんだけど
使ってみたら他のChampとも相性がよかった」

Madlife
「Thresh, NamiのQは当たると死ぬかもしれないぐらいすごいスキルだ」

Kim Dong-jun
「Alistar, Blitzcrankは?」

Madlife
「どのADCとも相性が良くもないが悪くもない。レーン戦はちょっときついけど
辛抱してまっていればCarryできるから我慢が必要」

#2、アイテム

Money Item(Philosopher's Stone, Kage's Lucky Pickなど)について

Mata
「Season 3になってから基本的にゴールド受給量がふえている
貧乏でも構わない犠牲的なSupportはSight Stoneを、
貧乏は嫌いだというSupportはPhilosopher's Stoneを先に買おう
材料になるBase Item(Rubyなど)を買うのはよくないと思う」

Kim Dong-jun
「Ward, Sight Stone以外SupporterのCore Itemは?」

Mata
「Money Item一つだけあればそれで満足です」

Kim Dong-jun
「なんて素朴な(涙)」

Mata
「最近Shurelya's Reverieを買った覚えがありません。Oracleも高いし・・・
本当によかったら、PhilosopherのあとBoots of Mobilityを・・・」

Kim Dong-jun
「彼の犠牲に拍手を(パチパチパチパチ)」

Shurelya's Reverieについて

Madlife
「Initiatingにも逃げるにも有用なアイテム買えれば買うのがいい」

Shurelya's Reverie vs Ward

Kim Dong-jun
「うちの放送作家はSupportメインだけどいつもShurelyaないってチームに嫌われている
ShurelyaとWardとどっちを優先的に選ぶのか?」

Madlife
「無条件Ward。もしチームがShurelyaを求めてるのならこう言いましょう」
1 Dragonを出るたびに殺せ。
2 タレットも全部壊せ。
3 僕にAssistをくれ。
「そしたらShurelya買えると思う。Give and Takeだ」

#3、Map Reading、レーン戦

Start Item
Vision Ward1、Sight Ward3、Potion5。

Doran's Blade1個買ってるADCより早く買って出発してWardを設置しよう
視野確保は時間との戦いである。

序盤Vision Wardの位置
レーン戦がメイン>下のBushを掌握
マップの上の状況把握がメイン>相手が設置した場所において消す方を選ぼう

レーン戦はADCとSupportのどっちがリードするのがいい?

Mata
「僕はSupportがリードするのがいいと思う。ADCはCSと牽制ぐらいだけ考えて
普通SupportがCCスキルを持ってるからSupportを信じて従うほうがいいと思う。」

もしADCがリードする状況になると?
言うことを聞かない、Gankされる、見捨てられる。Supportやる気が出ない。

PushとPullの判断はどうやって?

Mata
「相手DuoのCCスキルの把握が重要。
全体的にはJunglerのGankやGlobalスキルのことも考えなければならないけど
取れあえずCCスキルによってキルを取られる可能性があるからそれに気をつけよう」

Madlife
「チームファイトよりレーン戦段階で負けるのがSnowballされやすくなる
とりあえずレーン戦での相性がいいChampionをPickしよう
もしくはVayne, Kog'mawなど後半に強いChampを選んで
レーン戦で何回死んでも後半で克服できるようにするのもいいと思う」

+Botでレーン戦の勝敗はDragonに直結する。

#4、Team Fight

Team Fight時Supportの役割

Madlife
「味方のADCが相手より強い>自分の陣形をSupport
相手のADCが強い>出来るだけ味方のADCを生かして相手のADCを攻める」

Mata
「僕はちょっと違う。僕は強いが弱いがとりあえず飛び込む
チームを信じて僕が死んでも他のメンバーたちが片付けるはずだと思うから」

Team Fight時Supportの位置取り

Madlife
Sona, NamiはUltが広範囲CCスキルだから
相手にDianaなどのDash系Champがいる時には
陣形の後ろに待機して突っ込んでくるとUltを使おう」

Mata
「ThreshはInitiatingに優れている、普通だれかにQが当たると他の4人は
仕方なくこっちへ来る。それをUltなどの広範囲CCスキルを利用したら
一発逆転さえ出来る」

Kim Dong-jun
「もし逆にInitiatingをされたら?」

Mata
「Threshのスキルが攻撃と守備療法のバランスがいいから
UltやEで味方のADCやMidを守れる。特にEは性能もいいしCDRも短い」

#5、実戦 - MataのThresh

Rune
Hybrid Penを使っています。
あとどのRuneなのかは知りませんが10秒で1Gold得られるようにしました

Mastery
1/13/16です。これはMelee Champに結構いけるMasteryだと言いました。


Madlife
ThreshはStatusがMelee Champと同じですがRange攻撃をするOP Champです

Baseの外でもアイテムが買えますので参考しましょう。




敵味方のCCスキル状況を把握してInvadeするかしないかを決めること。
もしInvadeがしようと決めたらQを、しないならEをLv1であげよう。

SupportのStart Item
人によってFaerie Charmを先に買ってくる人もいるが
その場合僕のほうがPotionの数が多いからもっと積極的な牽制が可能だ。

Summoner's Spellの状況把握
Chatting時間を表示させて相手がUltやSpellを使った時に記録しておくと
そのスキルがあと何分で使えらかわかりやすくなる


Champによって強い時と弱い時が違うからそれを把握してその時にこうげきを仕掛けよう。

Mataのビルド
Boots of Mobility
Ruby Sight Stone
Philosopher's Stone
Oracle Elixir

Team Fightを迎えるときには先にレーンをPushしておこう

Ward Point


これくらい設置しておけばMap Hackの効果がある。

Inhibitorタレットを攻撃するときは壁の中にWardを設置して外の敵のWardを消しておこう。

#6、実戦 - MadlifeのBlitzcrank

Skin

Madlife
「昔はBoom Boom Blitzを使ってたけど監督に拳がデカ過ぎてQがよけやすい
と言われてPiltover Customを使っています」

Recall TimingはSiege Minion(鉄砲つけてる奴)が来るときにするのが安定的

緊張し過ぎるとGrabがもっと難しくなるから前向きに行こう
1回でも成功すれば逆転できるのがRocket Grabだ。

Grab後EでAirborneされる前にBasic Attackを一回ぶつけよう

Madlife
「BlitzcrankはASが遅いのでEを使う前にWを使ってEの速度を上げると
相手がFlashを使う前にAirborneさせるのが出来る。
これLocodocoに教わったことです。彼はこういうのに本当に詳しい


BlitzcrankのEはOn HitなのでBasic Attackの直後に使うとMotion Cancelができる。

Madlifeのビルド
Boots of Mobility
Ruby Sight Stone
Philosopher's Stone
Oracle Elixir
Shurelya's Reverie
これが揃ったMadlifeはその後金があっても「もう買うアイテムはありません」といいました。

BlitzcrankはFlash+QもできるからQの射程の2倍ぐらいは離れた方がいい。

おまけのMamen(Madlife+Amen)場面



なにも見えないところから獲物を持ってくれるGodlife様でした。
よく見えないお方は本番の動画を見てください(汗)最上の画像をクリックすると観られます。


Madlifeの場合説明が苦手だと言いましたので字で要約するより
本編を観るほうがいいと思います。字では書けないすごい場面でいっぱいでした。

今回は以上で終わりです。
次回の「運営&オーダー」をお楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿